爺ヶ岳 & 鹿島槍ヶ岳 (2018年8月5日 )

f0095350_21274124.jpg



爺ヶ岳↑ そして、鹿島槍↓ 登ってきました。



f0095350_21252618.jpg



大谷原登山口から入って、赤岩尾根から鹿島槍ヶ岳へ。
鹿島槍の南峰・北峰を訪れたら、分岐の冷乗越に引き返し
爺ヶ岳へ往復。
その後、赤岩尾根を降りる というコースで行ってきました。


f0095350_21241279.jpg



これは、下る時 赤岩尾根の途中で描いた鹿島槍

赤岩尾根は、何種類かの美しい蝶が見られる素敵な道でした。




f0095350_21234016.jpg


1年のうちで ”早く山に出かけられる日” が、私には1~2度あります。
いつもは、そう早く出発できるわけではなく
また、日帰り登山限定で登っているので、登れる場所が限られているのです。

今日は、めったにない ”早く出られる日”
日頃から目星をつけておいた、時間のかかるコースのひとつに
行ってきました。




f0095350_22281578.jpg


冷乗越に出ると現れる
立山三山と剣岳



f0095350_00173039.jpg


まず向かうのは、鹿島槍ヶ岳
2つの峰の間に雪渓が見えています。



f0095350_23245738.jpg



鹿島槍へ向かう途中、ほぼずっと立山が見えていて
高山植物が咲き乱れ
雲上の散歩道というかんじでした。

気持ちの良い道。



f0095350_22274559.jpg


八ヶ岳の方では終わってしまった高山植物がたくさん見られました。
稜線に矢のように残る雪渓の手前が南峰
奥が北峰です。
南峰の手前の円錐形の山は布引山。



f0095350_00255756.jpg



よく晴れているので、あちこち見渡すのが楽しい



f0095350_22523498.jpg


イワヒバリが、足元をぴょこぴょこ飛んで可愛らしい。

鹿島槍ヶ岳北峰では、アマツバメと思われるツバメも
ヒュンヒュンと飛び回っていました。




f0095350_23050244.jpg


鹿島槍ヶ岳南峰

鹿島槍ヶ岳は、遠くからでもわかる、美しい形の山。
私は、麓から山の絵を描くために登っているので
北峰も行かないと と、思います。

Mの字のような稜線を筆でなぞる時
そこを通った感触が残るように・・・




f0095350_00131873.jpg



鹿島槍ヶ岳 南峰から爺ヶ岳の方を振り返って・・・




f0095350_00294066.jpg


南峰から北峰へ向かいます



f0095350_00144778.jpg



今年の暑さでも、残雪はちゃんとありました。



f0095350_23051457.jpg



でも、暑いです。
山の上でも暑いです。



f0095350_23062166.jpg



鹿島槍ヶ岳北峰から、南峰を望む




f0095350_23421064.jpg


北峰より、鹿島槍ヶ岳南峰


f0095350_23241463.jpg


南峰は人がいっぱいでしたが、北峰は誰もいなかったので
すばやくスケッチ

走り書きのような絵でも、手を動かしてみると
風景が少し自分に近づいたような気持ちになります。



f0095350_23242210.jpg


鹿島槍ヶ岳南峰と、立山



f0095350_23243922.jpg


五竜岳方面

五竜岳も雪形 「武田菱」 が出るので
(これがまた美しい形) ぜひ登りたいと思っている山。




f0095350_23244747.jpg


爺ヶ岳へ移動しました。



f0095350_23121471.jpg


爺ヶ岳南峰から、中峰を望む

雪形の「種まき爺さん」が出る、爺ヶ岳。
だから、ここも登ってみたかった山です。




f0095350_23063605.jpg



「種まき爺さん」 は、爺ヶ岳の南峰と北側の本峰との間の
鞍部直下に5月頃に出るのですが、登ってあると
(自分の足で歩いてあると)山の見え方が変わってくるので
来春は、雪形も もう一歩 違って見えそうです。





f0095350_23235099.jpg






f0095350_21232124.jpg


秋、かな?







[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-08-05 23:48 | 山歩き

ポートレート

f0095350_09114177.jpg



左は鉛筆 右は水彩絵の具

養命酒 健康の森でお客様のポートレートをお描きするイベントがありました。

どちらの画材も、描いている最中 ほんのちょっとしたところで
「あ、似た」 となるのですが、そこで
「もう少しこうしたら、良くなるのではないか」 という ”欲” みたいなものが出ると
ヒュっと、モデルの方の ”感じ” から遠ざかってしまいます。




f0095350_09262423.jpg



イベントのポートレートは短時間で仕上げる(10分ほど)ということもあり、
もし、「遠ざかってしまった!」 となっても、
強引にもう一度 「似ている」 ところまで持っていきます。

この、力技なところは、実は日頃 絵を描くときの勉強として
とてもいいような気がしています。

投げ出さないで、どうにかして きちんとまとめて終わらせる。

大事です。



f0095350_09263778.jpg



ほんとうに、1mmもないような、気を緩めた線が、
不用意なものとして、一瞬で絵の雰囲気を壊すのです。




f0095350_09263077.jpg



ただ、時間をかけられる絵や、大きな絵を描く場合は
遠ざかっても、遠ざかっても、もう一度もどしてくると
それが、絵の中にきちんと残って深くなるように思います。




f0095350_09110775.jpg


健康の森のカフェ ヒーリングテラスの期間限定パフェ。
コーヒーゼリーか、かりんのゼリーかを選べます。


どちらも美味しく、ボリュームがあって爽やかにお腹いっぱいになります。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-31 09:29 | 今日のスケッチ

養命酒 健康の森でポートレート

f0095350_08050855.jpg

夏休みイベント

養命酒健康の森(駒ヶ根)で
ポートレート 描いています。

本日も9:30-15:00まで開催します。


絵画の展示も同時開催していまして
そこには、若狭が歩いた森の地図があります。


f0095350_08104772.jpg

暑いけれど、木陰は涼しく爽やかです。
綺麗なトンボや蝶にも出会える夏。

森の奥まで、歩いてみてください。



f0095350_08103148.jpg


もちろん、屋内は涼しいです。




f0095350_08103920.jpg


f0095350_08102400.jpg


そして、カフェでひとやすみも。
秋の七草が咲いています。



f0095350_08100582.jpg


f0095350_08101747.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-30 08:14 | お散歩

八ヶ岳キレット小屋へ・・・ツルネ東稜(2018年7月25日)

f0095350_10355935.jpg


「キレット小屋へ来るなら、ここからが一番早いよ」 と、聞いていた道。
美し森から出合小屋を経由してツルネ東稜を登り、
キレット小屋へ行ってみました。



f0095350_10355372.jpg



はじめての道は、緊張感があって楽しかったです。

ちょっと林が暗めで気持ちが悪いかんじがするのも、ドキドキ。
有明山を思い出しました。




f0095350_10354680.jpg

そして、特に 「来てよかった!」 と思ったのは
これ!
写真ではわかりづらいのですが、一面のコマクサです。



f0095350_10353100.jpg



f0095350_10352432.jpg


「うわ~」 と、思わず声が出ました。



f0095350_10344384.jpg


砂利の斜面のところ、うっすら白いの、全部コマクサ



f0095350_10345067.jpg


景色を楽しんできました。
また花巡りを楽しみに歩きに行ってみましょう。


f0095350_10593161.jpg


f0095350_10592575.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-26 11:01 | 山歩き

徳本峠 (2018年7月24日)

島々から、徳本峠を越えて上高地へ入ってみました。


f0095350_23591855.jpg



以前から通ってみたかった道です。



f0095350_23572133.jpg



下は、徳本峠からの眺め。
残念ながら、峠に着いた時は山が雲の中に隠れていました。



f0095350_00032227.jpg



ほとんど人に会うことはなく。
登山者は4人見かけましたが、前後して歩く、というようなことはなかったので
緑の美しい道を、川の音と鳥の声を聞きつつ

ひとり、嘉門次がイワナを釣ったり、ウェストンさんが松本から入っていった事に
思いをはせながら歩いてきました。



f0095350_00224267.jpg




様々な蝶が足元を舞い飛ぶので
「そんなに寄ってきたら蹴飛ばしちゃうよ~」 と思いながら・・・



f0095350_23575133.jpg


徳本峠を越えて、少し下ったところにある標識。
島々から16.8Km歩いてきて、これから明神まで3Km行く、ということで
今日の山道部分は19.8Km

その後、明神から河童橋を通り過ぎて帝国ホテルまで遊歩道をぶらぶら行ったので
歩行距離トータルは19.8Km + 数Km




f0095350_00265884.jpg


明神池

今日は、これで上高地を通り抜け
バスに乗って島々へ帰るだけですから、あちこち観光しつつ
進みます。



f0095350_01064242.jpg



明神池から帝国ホテル方面へ歩いていると、海外からの旅行者が多く
みなさん今夜はお泊りのようでゆっくり過ごす様子がうかがえます。
上高地が ”山岳リゾート” であることを改めて感じました。

この雰囲気を味わうために、また徳本峠を越えて上高地へ入りたいです。
河童橋にバスで降り立たないで、上(明神)に出て降りてくる、ということが
おそらくいいのだと思います。
私には、何かを感じたり考えるために ”歩く” ということが、必要です。




f0095350_00285221.jpg



f0095350_01005530.jpg



穂高連峰が見えてきました。


f0095350_01002411.jpg




f0095350_00335721.jpg

絵の具は持ってきたのに、筆を忘れてしまい
仕方なく、指で色を塗りました。
通りかかった方に 「そういう描き方があるんだね、いいねぇ」
と感心されましたが、違います。ごめんなさい。
道具がなかっただけです。


f0095350_00335159.jpg


河童橋からは、焼岳も見えました。



f0095350_00334527.jpg
 



f0095350_00403771.jpg



f0095350_00410963.jpg


お世話になっている西糸屋さんにご挨拶して
ウェストンさんも眺めて


f0095350_00404330.jpg




上高地温泉ホテル前から望む
霞沢岳


f0095350_00461352.jpg



大正池まで歩こうと思っていましたが
時間切れで、帝国ホテル前からバスに乗って帰ってきました。



f0095350_00441308.jpg



「行こうかな」 思いついたのが遅く
もう1時間早く歩き出せれば良かったのですが
よい1日になりました。

徳本峠は、また歩いてみたい道です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-25 00:51 | 山歩き

ガラスと絵本

f0095350_23101600.jpg


モンベルヴィレッジ立山 での、作品展が終了しました。
ご覧頂きました皆様、ありがとうございました。

富山を訪れた機会に、ガラスの美術館を観てきました。

ガラスと鏡に囲まれて浮遊感があり、クラクラしました。




f0095350_23100818.jpg




他の日。

小さな絵本美術館、八ヶ岳館を訪れると
絵本をつくるコーナーがありました。

夏休みの、絵日記。
思い浮かんだことを、自分だけわかればいい言葉(絵)で
ぐんぐん描くのは、楽しいです。



f0095350_23111653.jpg





f0095350_23132071.jpg





f0095350_23103099.jpg




f0095350_23104534.jpg




f0095350_23122519.jpg




f0095350_23132787.jpg



自分の日記だから、説明はしないで
思ったことを、描く 描く 描く。

とても、夏休みっぽいです。




f0095350_23115721.jpg



原村の絵本美術館
夏の展示は、やまわきゆりこさん。
絵本 「ぐりとぐら」 は、なんと、222刷もされています。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-23 23:17 | 水彩画展のご案内

養命酒駒ヶ根工場・健康の森 水彩画展

f0095350_21343033.jpg



養命酒健康の森 夏休み特別企画  2018. 7 .20 - 9 .2

   

水彩画家 若狭宣子 

◇◆ 健康の森のシンボルツリーの四季を巡る◇◆

https://www.yomeishu.co.jp/komagane/ 

  

信州駒ヶ根・中央アルプスの麓に広がる養命酒駒ヶ根工場、
そして養命酒健康の森。

森の中でシンボルツリーとされる7本の楓や欅の四季を、
森を育てる樹木医に見守られながら画家が描いた水彩画展。





f0095350_21374377.jpg



やまゆりが咲き誇る 養命酒 健康の森で、展覧会が始まります

工場見学のできる棟の入り口に飾られていますので
どうぞおでかけください。




f0095350_21340678.jpg



「水彩ポートレート制作」 もあります。

7/29()7/30() 9301500

会場:健康の森内養命酒工場見学ロビー

おひとり500(15分程)

あなたに感じた色と線を即興で作家が描きます。




f0095350_21335890.jpg



今回は、健康の森の手入れをされている樹木医の方に
木の説明を書いていただき、絵と併せて展示しました。

ちょっと知ると、木がまた違って見えてきます。
森のなかに、描かれた木を探しに出かけてみてください。
(ただし、今年は信州も猛暑ですので、お気をつけて!)




f0095350_21334491.jpg



私は、ここ数年、様々な季節にこの森を訪れ、
絵を描く中で、度々、森の手入れをする樹木医さんに
お会いしていました。

そして、実際に植物を観ながら、専門的なお話を
お聞きすることができました。

少しずつ、森のことを知り、この場所と、ここを大切にする養命酒の方々が
大好きになっていきました。

そんな風景が絵に描かれているといいと思います。



f0095350_21341958.jpg





f0095350_21373472.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-19 22:00 | 水彩画展のご案内

綺麗

f0095350_20360267.jpg



f0095350_00040241.jpg

友人が出演する演劇を観てきました。
作:三島由紀夫  演出:シモン羽布  
出演:伊藤優、つちやひろこ、増沢たまみ

綺麗だった。

彼女が誘ってくれる作品は
いつも、帰りの電車で行ってよかった、という余韻があります。





f0095350_20360819.jpg


その後、ちょうど、「15時からやります」 と聞いた
「むかしのことば むかしのはなし」 という
北信濃の「土地ことば」で語られる日本の昔ばなしをきく会に
行ってみました。
語り:増田久子

『食わず女房』 『ほらふき長吉』、宮沢賢治『虔十公園林』など。
こちらも、音が綺麗で
語りで目の前に風景が現れるのが楽しくて、すばらしかった。



f0095350_20362390.jpg


せっかくなので、久しぶりに善光寺さんへお参りも。



f0095350_20361637.jpg


善光寺にも、古代蓮(大賀蓮)が咲いていました。



f0095350_20363599.jpg


さすが、なかなかな賑わい


f0095350_20362985.jpg



演劇を観る前に行った、水野美術館もよかったです。
ここも、いつ訪れても素晴らしい美術館です。




f0095350_20365023.jpg



f0095350_00040834.jpg


最近、気になっている、光と波紋も見ることができました。


f0095350_20312086.jpg



「暑い暑い」 とみなさん話していましたが
楽しいせいか、気持ち良い暑さに感じた、今日の長野市。



f0095350_20355625.jpg


電車で行ったので
松本・塩尻・茅野駅辺りは、大きなザックを持った登山客が
駅や列車内に溢れていて、信州の夏らしさを感じました。



f0095350_20355051.jpg


帰り 上諏訪駅で乗り継ぐ間に駅のホームにある足湯に
浸かってきました。

ちょっとした旅行気分の一日です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-15 00:24 | お散歩

蓮始開

f0095350_07543195.jpg


水曜日、井戸尻考古館で蓮の花が咲いているのを見て
なんていい香りなのだと思い



f0095350_08002235.jpg


金曜日、蓮始開というメニューをいただきました。
七十二候で、そう呼ぶ季節だそうです。



f0095350_08011664.jpg


メロンのソースの鮎と
真澄のお酒で煮た桃は、とても美味しかったです。



f0095350_08001613.jpg



その後、写真展を観に。
ここは、いつも見たことのないものを見せてくれます。


f0095350_08010116.jpg


誰かの作った見たことのないものを口にし
写真の中に、見たことのないものを見て
「見たことのないもの」 を、見たいのだと
あらためて知りました。

そして、美術館の中庭の林の光が、音が、美しくて
私はこれを写真に撮ることは、とてもできない と思いました。




f0095350_07535177.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-14 08:08 | 美術展

八ヶ岳 赤岳 県界尾根で往復 (2018年7月12日)

f0095350_22552532.jpg

霧の中に、一瞬見えた 赤岳山頂。

八ヶ岳 赤岳 県界尾根往復で登ってきました。


f0095350_22551723.jpg

個人的には、一番速く赤岳山頂へ登り降りできるルートです。
道としても、ぐんぐん登るところが好き
人にもほとんど出会わず、静かなところも好き
天候が安定してきたら、ゆっくり歩いたらいいのですが・・・


f0095350_22550119.jpg



6月に登ってから、慌ただしい日々が続き
登れないでいるうちに、花々が変化していました。


[PR]
# by wakasa-noriko | 2018-07-12 22:56 | 山歩き