鳳凰三山(2017.9.22)

f0095350_22535348.jpg




「周りが見えないから、より綺麗に見えるよね」
下山途中、すれ違った方の言葉。
「霧で周りは見えなかったのですが、足元だけでも とても綺麗で」
と話すと、こう答えてくださいました。

たくさん見えないから、見えるものを
よく見ることができること、あります。



f0095350_22542968.jpg




その後、2時間ほど下る間に考え事。

今日は、霧が濃い日で遠望がききませんでした。
来週、天気が良い日を選んでまた登ろうと思ったので、それほど気にすることはなかったのですが
それでも初めて登った山なので、景色が見えないことを少し残念に思っていました。

けれど、見えないから感じられたこともたくさんありました。




f0095350_22544548.jpg





地蔵ヶ岳が、霧と風で独特な雰囲気があり「怖いな」と思ったこと。
地蔵ヶ岳直下の蟻地獄みたいな砂山部分を、他に何も見えないから足元だけ見ながらもくもくと登ったこと。
巨岩に驚いたこと(どういう山の成り立ちだと、こういう巨岩が出来るのでしょう?
柳生の里の一刀石を思い出しました)



f0095350_23433300.jpg



急坂にある、庭石のようなと白い石を何岩かな?と考えたこと。
霧の中で、気をつけて道標をみつけながら辿り、三山を巡ったこと。
もちろん、霧に霞む草や木々の紅葉の美しさ。

どれも、たくさんのものが見えないから、見えるものを静かに見られたおかげでした。






f0095350_19563846.jpg


今日、登ったのは鳳凰三山
青木鉱泉からドンドコ沢ルートで・・・南精進ヶ滝・・・白糸の滝・・・五色滝・・・鳳凰小屋 ・・・地蔵岳・・・観音岳・・・薬師岳・・・中道登山道で・・・青木鉱泉 に戻る というコースです。





f0095350_19562944.jpg


青木鉱泉から登ったところにある、南精進ヶ滝
北斎の浮世絵の滝のようでした。

ドンドコ沢ルートで登ると、いくつもの滝が途中に見られて飽きることがありません。




f0095350_23222740.jpg



鳳凰小屋に至る河原
残念ながら、目指す山頂は見えません。



f0095350_23224233.jpg


青木鉱泉を出発して3時間で地蔵ヶ岳に到着。
霧に覆われている中に浮かび上がる、たくさんのお地蔵様
風が吹きつけ寒く、あわてて服を着込みます。

8年ほど前に、こんなような日に御嶽山へ登ったことを思い出します。
同じ・・・ひえぇ~ という感じがしました。
つまり、怖い。

天候のせいだけではありません。
独特の雰囲気です。



f0095350_23225718.jpg



オベリスクと呼ばれている巨岩へ近づいてみますが、
途中 お地蔵様を見つける度に手を合わせながら進みました。



f0095350_23274609.jpg



ぴかーっ、と晴れていれば、ここに抱く印象はかなり違うと思います。




f0095350_23284294.jpg



風と霧に、このまま鳳凰小屋へ下ることも考えましたが、様子を見ながら進んでみました。
すると、地蔵ヶ岳以外は風も強くありませんでした。
また、道標がわかりやすいので迷う心配もなく、美しい紅葉を楽しみながら歩く余裕がありました。
心配した雨も降ってきません。




f0095350_23340115.jpg




砂の稜線は楽しくて、ブーン、と両手を広げて飛行機みたいに走ってみたり。
これも、ほとんど人のいない天気、見晴らしが悪いから人目を気にせずできることです。




f0095350_23335189.jpg


観音岳山頂

鳳凰三山、全貌が見えないせいもあるのですが、ピークらしいピークが見つけられないまま
次々 山頂を示す柱が現れます。

行先の山を眺めながら進むのは、次回のお楽しみです。



f0095350_23363991.jpg


そんなわけで、もくもくと歩いて薬師岳山頂。
青木鉱泉を出発してから4時間ちょっとで、すでに下山に入ります。

この天気だし・・・

と、思っていたら、下るにつれて悪くもない空になってきました。




f0095350_19570153.jpg


里が見えています。




f0095350_23401386.jpg



今夜、山に泊まれる人はいいなぁ とちょっぴり思いながら
気持ちのよい道を降りてきました。




f0095350_23422516.jpg



もうすぐ青木鉱泉。
川の水量がすごいです。



f0095350_23472935.jpg



来週、紅葉を見に登りたいところが またひとつ出来ました。
青木鉱泉を出発して、戻るまで6時間半
様子がわかったので、次は絵の具を持っていっても良さそうです。




f0095350_19565382.jpg


帰る車の中、橋の上から振り返り・・・
山、見えてきています。




f0095350_19564489.jpg




白州の方までいくと、山の上の霧や風は考えられないような
のんびりした秋の風景が広がっていました。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-09-22 23:51 | 山歩き

穂高で 水彩画教室 はじまります

f0095350_11104415.jpg






① 自分が何を描きたいか自覚すること = 何を見ているかに気づくこと

② それが描けるような技術を身につけること

③ 他の人の作品を見て、発想や技法の幅を広げ、自由に自分だけの感性を持つこと

④ 描き続けることで、気づくこと・・・見える世界が広がっていくことを感じること



最近の水彩画教室で思っていることです。




f0095350_11092209.jpg




10月17日から新しく、安曇野の穂高で教室が開かれ、講師を勤めさせていただくことに
なりました。
http://yuuyuu.co.jp/suisaaji/

講座名 「水彩画を味わう」

毎月第3火曜日 15:00~17:00
3ヶ月で8,100円
講師 若狭宣子
場所 穂高カルチャーセンター 有遊  
問合せ先 ℡0263-83-7878



f0095350_11123698.jpg



水彩画教室も、長いところは10年ほどになりました。

私も 「こう描いたら良い」 という教え方から

「その方が描きたいものが描けること、(本人の満足度)」 に考えが変わりました。


私の描きたいものや、見ているものと、生徒さんの見ているものや
したいことは、本当に違う!
というのがこの10年で感じたことです。

わからない というのも、正直な感想で
本人にしか、見ているものは見えないのですね。ほんと。

ただ、その方にしか見えないものを、絵に描いてくださると、私にも見えるようになります。
その方の見ている世界を感じられる。
なんて素敵で幸せなことだろう そんな感動の連続した10年でした。

だから、「こう描きましょう」 とは、言えない
「こう見ましょう」 と言えないように。




f0095350_11450397.jpg





ただ、この辺、注意していただきたいのですが、基礎的な練習の時と
”絵” を描く時は、しっかりわけていただくほうが良いです。
基礎は、きちんとしっかり。
こう描きましょう、もあります。正しい大きさ、正しい形。

絵・創作は、自由に。自分だけのもので。



f0095350_11464715.jpg


(先日、本栖湖でサイクリングしてきました。
1周12Kmほどの、綺麗な湖。
千円札の裏の富士山が見えるそうですが、あいにく雲の中。
こんなかな、と描いたのは、あとで富士山が出てきたら
恥ずかしいほど全く違いました。
見えた初秋の富士山は、赤くて ”火山です! すぐにも噴火しそう!”
という姿でした。)

f0095350_11505054.jpg







まあ、とにかく最近 水彩画教室で思うこと・・・つまり、絵を描くことで思うことは
おそらく、はじめから思っていたけれど改めてめざしたいと思ったところは上のようなことです。

私自身のぐるぐるまわっているところでもあります。

この機会にと、考えたことを(自分のためにも)記しておきます。


① は、どうしても、ご自身で考えていただかないといけないです。

本当に人それぞれだからです。

ただ、これは描いているうちに気づいたり、気づいたと思っても困って、迷って

の繰り返しかと思います。




②は、デッサンやスケッチを重ねて、絵具の使い方に慣れて・・・という基礎的な

ことを続けるしかありません。

描けば描くほど、描けていないことに気づいていきます。

巧い というのともちょっと違って、自分にとって自由な技の幅が広がればいいのですが。



③は、ご自身が描いた絵を人に見せて、他の人の絵も観る。

古今東西、良い作品をたくさん観る。
決めつけないで、観る。
小学生のも、ゴッホも、観る。

どんな種類(現代アートも、彫刻も、写真・版画・油絵・アニメ・・・)も観る。



教室で、みんなで描くのは、他の人の絵=つまり、考え方・物の見え方が見られて

とても良いです。

自分との違いに驚くことも多くあります。


実は、一番長いNHK教室は、各々が自宅で描いた絵を並べて、

10人ほどの生徒さんと私とみんなで批評し合う、ということに多くの時間を使っています。

私はほとんど話さないで、皆さん他の方の絵に 「こうしたら?」 とか 「ここが良い」 と意見を出し合います。


ただ、そのアドバイスを採用するかどうかは、絵を描いた本人の判断で、自分で決める、のが大事です。


ご本人も 「こういうものが描きたかった、ここがうまくいかない、こんなことを試した・・・」 と

お話されるので、自身の絵に対して客観的になるのもいいかと思っています。



④は、続けてこそ感じられる楽しみです。

私は、描くことで気づいたことの本を読み、関連のある場所へ出かけ、人に話を聴く ということをするのが好きです。

風景を描くのも、何度も同じ場所を訪ね、その場で描く方法が気に入っています。

実際に行動することと、見ること、考える事、描くこと、を一緒にしていきたいのです。

見え方は変化していくものです。



でも、生徒さんが描き続けるには楽しく、マンネリにならない工夫が要ると思っています。

描くきっかけづくりとして、また、技術的に巧い人が、もう一歩 ご自分の満足する絵に変化するために

NHK教室等では写生会をしたり、透明水彩にこだわらず版画やアクリル画、色鉛筆など別の画材をつかったり

モチーフも人・動物・風景など様々 描いています。


発想のヒントや、柔軟な考えになって、描き方が固定化しないといいです。


一番は、教室へいらしてくださる皆様の、描きたい想いのお手伝いが
できるといいです。
試行錯誤しながら、ご一緒に考えて 描いて いかれましたら幸せです。




f0095350_12140931.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-09-21 11:22 | えのこと(水彩画教室)

養命酒 健康の森にて、水彩画の似顔絵

f0095350_21181852.jpg





http://www.yomeishu.co.jp/komagane/event/

今日は、駒ヶ根の養命酒 健康の森で、若狭が似顔絵を
描かせていただくイベントがありました。

大勢の素敵な方々を描かせて頂きました。
ありがとうございました。



f0095350_21191308.jpg


お昼休みに描かせていただきた
こちら、いつも健康の森でのイベントをサポートしてくださる、養
命酒のTさん。
とても素敵で知的な方。
養命酒の瓶くんに見守られて (^o^)



f0095350_21190156.jpg


ちなみにお昼は健康の森のカフェで。
秋のメニューです。
シロキクラゲが入って美味しい、フォ-





明日は、同じく健康の森にてスケッチ会が開催されます。
雨天は屋内ですが、窓の外の景色を描いていただいたり
技法や構図のポイントをじっくりお伝えできたら いいと思っています。





f0095350_21240996.jpg



似顔絵の見本には、少し前に、このイベントも考えに入れて、
山で描かせていただいておいた絵です。




f0095350_21175387.jpg



上は、人物を描くために山に向かった日。
絵の具を乾かして、下山するところです。




f0095350_21173372.jpg


額に入れると、雰囲気が変わります。




f0095350_21172581.jpg

f0095350_21180789.jpg


今日、似顔絵をお持ち帰りくださった方の中にも
「家に帰ったら、額に入れます」
とおっしゃってくださる方が何人かいらっしゃいました。

気に入った絵がありましたら
きちんと選んだ額に入れていただくと雰囲気が ぐっと良くなります。
おすすめです。


似顔絵イベント 
10月には、諏訪のくらすわさんでも、開催予定です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-09-16 21:26 | 今日のスケッチ

蝶ヶ岳(2017年9月14日)


f0095350_21035787.jpg




蝶ヶ岳へ登ってきました。
今年の春は、雪形がはっきりと出て、蝶ヶ岳の蝶も よく見えました。
そんなことを思い出しながら、三股から入って往復です。




f0095350_21050876.jpg



常念岳にまわって降りてこようかと考えていたのですが
あまりのいい天気に、ゆっくりと絵を描いていることにしました。

予定より速く登れたので、蝶ヶ岳山頂付近で2時間半ほど
ぼんやり・・・





f0095350_21062086.jpg



登山道は雲の中でしたが、上にぬければ雲の上。
ずっと、ずっと、山々が見えていました。





f0095350_21054845.jpg



下山する時、一緒になった方が、紅葉の頃もう一度来る と仰っていました。
「ここから、涸沢の紅葉を見ようと思う」
とのことです。

いい考え。私もあと10日ほどしたら登ってみようと思います。




f0095350_21040642.jpg



山頂から、焼岳・乗鞍岳方面





f0095350_21060320.jpg






f0095350_21052235.jpg



槍ヶ岳から、大天井方面




f0095350_21061166.jpg







f0095350_21105394.jpg



赤い屋根は蝶ヶ岳ヒュッテ
その後方が、蝶ヶ岳の最高地点

麓から見ても蝶ヶ岳は翼を広げたようになっていますが
ここから見ても穏やかで美しいです。





f0095350_21114324.jpg



常念岳方面です。
いい道が続いています。




f0095350_21111260.jpg




f0095350_21063069.jpg




槍ヶ岳だけ描いていたら、播隆上人のことを思ったり
なんとなくロマンチックな気持ちになってきました。
多くの人がいろいろなロマンを抱いてきたからでしょうか。
今まで観た絵や版画を思い出すのでしょうか・・・






f0095350_21023885.jpg



秋の気配が漂う山の木々




f0095350_21020772.jpg



下っていく時、何人かの方に
「しんどい山ですねぇ」
と言われましたが、とても綺麗で、実は私は登りやすい(私の好み)
と、思っていました。





f0095350_21021487.jpg




近いうちに、また、来たいと思います。








f0095350_21022191.jpg




茅野へ戻り、買い物帰りに見上げる空は、またすばらしく
蝶ヶ岳に泊まった方々、きっと美しい夕日が見られたことでしょう!





f0095350_21120820.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-09-14 21:37 | 山歩き

養命酒の造られる水、ということで空木岳(2017年9月9日)


f0095350_06400571.jpg




中央アルプス 空木岳
養命酒工場駒ヶ根 健康の森で、まもなく若狭が講師のスケッチ会が
9月17日に開催されます。http://www.yomeishu.co.jp/komagane/event/

そこで、まだ登っていなかった、健康の森の後ろにそびえる山
空木岳へ登っておくことにしました。
養命酒が造られる水が流れてくる中央アルプスです。




f0095350_06384064.jpg



駒ヶ根高原スキー場に駐車して、往復してきました。

途中の道の緑の様子が、とてもきれいです。
いつも八ヶ岳ばかり登っているので、違う山へ来ると雰囲気が変わって新鮮。

ぐんぐん登る登山道も好み♡



f0095350_06391926.jpg



稜線へでると、視界がひらけます。
奥が空木岳

八ヶ岳は、両側に里が見える景色なのですが、ここは緑、また緑
山、そして山。
北アルプスの岩がちな険しい感じとも違って緑が濃く、深い。




f0095350_06382007.jpg



空木岳山頂

走りやすい、思わず走りたくなるような道が多いせいか、
トレランの人も大勢いました。






f0095350_06364875.jpg


山頂より南駒ヶ岳側を望みます。



f0095350_06365719.jpg


木曽の上松町でしょうか。緑深い谷に、里が見えています





f0095350_06374243.jpg




f0095350_06374829.jpg



こちらは宝剣岳方面 ↓



f0095350_06362369.jpg



ちらちら見える、宝剣岳と南駒ヶ岳。




f0095350_06364004.jpg




f0095350_06372093.jpg



考えていたより速く登れたので、頂上で1時間ほど絵を描いたり
眺めたり。



f0095350_06372720.jpg


下山しながら、また1枚
帰りは余裕があるので、ゆっくり。




f0095350_06375514.jpg




f0095350_06380226.jpg



下山途中に池山も立ち寄り。




f0095350_06392989.jpg




実は、朝登っていく時に この分岐のところで友人に会い
(すごい偶然!) その方は「池山へ登る」 と仰っていたので
ではでは・・・と帰りに寄ってみたのです。

以前、京都の鞍馬山を歩いている時にも、
偶然 友人に会ったことがあるのですが、びっくりします。
「こんにちは~」 と声をかけたら友達って。





f0095350_06370581.jpg




池山からの眺め




f0095350_06385258.jpg



中央アルプス方面は西駒ヶ岳・将棊頭山など見えるようです。
本日は、雲の中





f0095350_06371200.jpg



駒ヶ根方面には北岳など見えるはず。
駒ヶ根の里が光っています。






f0095350_06380999.jpg


とても気持ちのよい道でした。

帰宅して17時ころ、夕飯の支度をしていると
池山付近であった友人から電話がありました
(下山したか心配して?)

「今、どこ?」
「自宅です~」

と言うと、
「どういう計算だとそうなるの? あなたとは、もう一緒に登らない」
と、笑われてしまいました。
でも、走ってないです(笑)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-09-10 08:47 | 山歩き

県界尾根から赤岳・キレット小屋へ (2017年9月8日)

f0095350_22093297.jpg



県界尾根から赤岳へ
そしてキレット小屋まで行ってきました。




f0095350_22091785.jpg




午前中、霧だらけだったのですが、午後晴れてきたので
キレット小屋から降りず、赤岳へ登り返して戻りました。
今日も、秋空




f0095350_22094540.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-09-08 22:11 | 山歩き

狼煙を見よう! 権現岳 (2017年9月2日)

f0095350_22490280.jpg





狼煙をみよう!
狼煙リレーというイベントが行われると知り
「のろしを観るなら、お気に入りの狼煙場で」
と、権現岳へ向かう途中にある”のろし場”へ向かいました。


見損ねないように・・・といつもにまして登るスピードを あげて。





f0095350_22561502.jpg



空は真っ青。
期待して到着しましたが、 見事な雲海で里は全く見えず(泣)
狼煙は標高の高いところに登りすぎてはダメということを知った日でした。




f0095350_22554602.jpg



雲海は雲海で素晴らしいのです。
こういう雲海の時、”本当に高い山” だけが島のように
の海に浮かんでいます。





f0095350_22552299.jpg





青年小屋から登ったところにある狼煙場から、権現岳を望みます。

ものすごく良い天気です。
雲の上ですから。





f0095350_22493495.jpg




爽やかな秋の日には変わりないので
ゆっくりスケッチしてきました。

赤岳・阿弥陀岳方面
権現岳山頂付近より




f0095350_22521824.jpg




f0095350_22544981.jpg





ちなみに、この狼煙リレー
根羽村から下伊那をずっと塩尻方面へ来て、諏訪から山梨
まで向かうという
私は、諏訪の大見山・有賀城址・高島城址・武居城址・桑原城址
山梨の韮崎・北杜市あたり見えるかな・・・と思
って山に登りました。

何の疑いもなく「けっこう見えるんじゃない?」と思っていましたが、
夜になってネットで少し探すと去年の様子が
載っている記事があり
そんな遠くから見えるものではな
さそうでした。

まあ、足で訪ねて、目で見てわかったということで。





f0095350_22492508.jpg




飛行機に乗っているような景色



f0095350_22513059.jpg




雲の海



f0095350_22542026.jpg



権現岳と富士山




f0095350_22512276.jpg






f0095350_22494132.jpg




権現小屋前のベンチで、”胎内くぐり” という参道だった岩を描く




f0095350_22501742.jpg


胎内くぐり
生まれ変わるらしいです。
今は道はなく、通ることはできません。





f0095350_22511071.jpg


苔の森に、秋




f0095350_22573024.jpg



帰り14時頃
こんなふうに里が見えていたら、狼煙が見えたかもしれない、と思ったのですが。





f0095350_22571271.jpg



降りてきて眺める八ヶ岳は、丸くなってきた月に見守られて
とてもきれい。
秋です。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-09-02 23:05 | 山歩き

必見! 美術館

f0095350_18452925.jpg




あまりに良かったので、ご紹介です。

セゾン現代美術館


何回か訪れていますが
特に今回は・・・
「美術館行くの、好きよ♡」
という方には ぜひ、訪れていただきたいです。




f0095350_18451297.jpg




この夏、いい作品、素晴らしい展示、
近いところばかりですが、いろいろありました。
そろそろ展示替えになるところも多いので
秋がまた楽しみ。


他にもいろいろ行っているのですが
良かったけれど何ももらってこないでしまったものもあり
また、観てもいまひとつだったり、忘れてしまった展覧会の
フライヤーはぬかしてあります。





f0095350_18451917.jpg



美術館も、飲食店も、「私が好き」 ということだけですが
だんだんに 「好き」 がはっきりしてきたことは
とても楽しいし、良かったことです。

惹かれる理由の共通点は
”好き” というだけではあるのですが
それでも思いつくこととしては

排他的でないこと
何か新しいこと(良いものは、何回観ても新鮮ですが)
視野が広いこと

とか・・・

美術館は、作品が良いだけではなく
全てが心地よいことが、とても大切だと思います。
(怖いなら怖いでも、それは心地よいのです)

同じ展覧会を、何度も観るのも好きです。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-08-24 21:55 | 美術展

いつも走る道

いつも走る
自宅の脇からのびている山道




f0095350_08201755.jpg




夏の間
道路がにぎやかなので車を使わず、ここを歩いて
用事を足しに出ることが多くありました。


そうすると
走っている時とは違った風景が、見えてきます。




f0095350_08193480.jpg



いつも、ラジオを流しながら仕事しているおじさんの
林檎畑






f0095350_08191726.jpg



たわわに実りすぎて、道にも落ちているプルーン

落ちているのは、つい拾いたくなりますが
それは泥棒。

農村育ちなので、小さい時 学校で
「畑のものを盗るのは、一番悪いこと」 と言われていたことが
強く残っています。

何を盗ってもいけないけれど、いつでも誰でも手を伸ばせばとれる
道端の畑の作物。

今朝の新聞に、富士見町のルバーブの盗難が相次いでいることが載っていました。
毎年、リンゴや花、出荷するばかりにしていたものが大量に盗まれたり
自宅用なのか、少しだけとっていかれたり、という盗難があります。

とても腹が立ちます。




f0095350_08190620.jpg


蕎麦の花も、今満開です。

公共の場所に思える森や林、山も、個人でその土地を持っている人が
いることも。
山菜やキノコは、 ”自然のもの” ”みんなのもの” ではない。
手入れしたり管理しているから出来ていることも多いのです。


私の父は、梓川の山野草やメダカなどを増やしてはその場所に戻す
という活動を30年ほどしていますが、
”自然のもの” と思われて採って持っていかれることがとても多いです。

あまりに多いので販売しているのかな? とも思います。



また、 ”自然のもの” は、今や保護したり増やす活動をしないと
以前と同じような状態であり続けていないように見られます。

”自然のもの” だとしても、取らない、という人が近年は増えたようですが
それでも、自宅に植えたり、いっときのために取る人はいます。
残念ながら持っていっても、育たないことも多いのですが。


「また、株ごと全部(20株ほども)持っていかれた」
と、言いながら、父はずっと育てては戻し、を続けています。

「ちょっと残してくれたらいいのになぁ」
と話すのを聞くと、なんとも言えません。





f0095350_08171806.jpg




この季節の田んぼを見ると思い出すことが、もうひとつ

20歳の頃の上司の方が引用した言葉
「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」


その方の仕事やご自身への厳しい姿勢が浮かんできます。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-08-24 08:47 | お散歩

養命酒 健康の森 「水彩スケッチ教室」

f0095350_09074722.jpg



駒ヶ根の健康の森で、水彩スケッチ教室が、開催されます。
ぜひ、お出かけください。

2017年09月17日(日)10:00~ 初心者向け
2017年09月17日(日)13:30~ 経験者向け

参加費 各回1,500円
講師 若狭宣子
申込先 養命酒 健康の森 0265-82-3310 【受付時間】9:00~17:00

http://www.yomeishu.co.jp/komagane/event/


また、健康の森で開催させていただきました私のスケッチ展には
大勢のみなさまにお出掛けいただき、本当にありがとうございました。




f0095350_09023148.jpg



秋めいてきた健康の森




f0095350_09020586.jpg



蝶と、鳥の種類の多さが、とても豊かな気持ちにさせてくれます。




f0095350_09014796.jpg


写真に撮るのは本当に難しくて、カラスアゲハなどは納められませんが
鳥のように大きな蝶が空高く舞う姿は、優雅です。

アサギマダラも、またやってくるのでしょうか・・・




f0095350_09023956.jpg



苦しくなるくらい美しい、と思う風景に出会うことがあるのですが
どこにそんなに自分が惹かれるのか

わからなくて、今日は ”写真に撮る” という切り取り方で
探そうとしてみました。
 



f0095350_09073520.jpg



写真を撮る時は、絵と違って構図をよく考えるからです。
自分が何を見ているのか、重要と思う要素と、そうでないもの
視線の位置、入れるべきもの、隠すもの
絵では簡単にできることを(描かない、とか)
写真ではできないので、真剣に考えることになります。




f0095350_09015612.jpg




光の加減や色は、持ち合わせていたガラケーで撮るので拘るわけにはいきませんが
何を見ているか、
できれば、何にどうして心が動くのか知りたいのです。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










[PR]
# by wakasa-noriko | 2017-08-23 09:16